「エンジョイ鉄旅!」は、青春18きっぷやその他のお得なきっぷでの鉄旅を楽しむブログ

東北新幹線グランクラス乗車レポ ~車内の様子・サービス・料金・予約の方法などを解説するよ!~

列車乗車レポート
東北新幹線グランクラス乗車レポ

2019年5月の末に『東北新幹線グランクラスで行く青森弾丸日帰り旅』と称して鉄旅をしてきた際に往復とも「東北新幹線『はやぶさ』のグランクラス」に乗って来ましたので、その乗車レポートです。

ちなみに1ヶ月前に乗車したものです。

日帰りでしかも往復グランクラスという、とっても「お財布」に厳しい鉄旅でした…。

スポンサーリンク

グランクラスとは

E5系・H5系だと10号車が「グランクラス」になっている

グランクラスとはグリーン車よりもワンランク上と位置づけられ、新幹線のファーストクラスとも称されるJRとしては最上級となる車両となります。

2011年3月の東北新幹線E5系新幹線車両登場と同時にグランクラスもデビューしています。

現在では東北新幹線と北海道新幹線ではE5系・H5系新幹線で運行される列車、北陸新幹線(「つるぎ」を除く)と上越新幹線ではE7系・W7系新幹線で運行される列車に設定されていて、アテンダントによるサービスのある列車とそうでない列車が設定されています。

アテンダントによるサービスのある列車とサービスのない列車は時刻表でも区別されているのでわかりやすくなっていますよ。

車内の様子

10号車の乗務員室側のドアよりグランクラスへ

さっそくグランクラスの車内へ。10号車の乗務員室側のドアから入場です!

乗降用ドアの内装は赤

デッキから車内へはゴールドのドアを抜ける

デッキへと入ると乗降口のドアの内装は赤に。上の写真だとかろうじて赤になってるのが確認できますね。

そしてデッキから車内へのドアはゴールドに。ん~、ちょっと派手でないかな。

これが憧れていたグランクラスの車内だ!

車内は通路を挟んで1人がけと2人がけのシートが6列で1両に合計18人しか乗車できません。

JR東日本の新幹線を含む特急列車のグリーン車は通路を挟んで2人がけが主流ですが、さすがに最上級クラスの車両ということで、このような座席配置になっています。

ちなみ乗車した列車のグランクラスには自分を含めて東京で3人しか乗車せず。盛岡で1人が八戸で1人下車してしまい、終着の新青森まで乗り通したのは自分だけでした。

車内を後方から

シートを見てみましょうか。

1人がけシート

2人がけシート

革張りのシートで新幹線のファーストクラスの名に恥じない作りになっていて座り心地もよく、シェル型シートになっているので後ろの席の人を気にせずリクライニングを最大にできるのも特徴でしょうか。

座席周りの様子は下の写真のようになっています。

リクライングのボタンやコールボタン
テーブルが格納されている
読書灯も完備

スイッチひとつで 背もたれ、座面、フットレストの各部が連動し 、お好みの体勢にできるようになっています。また、アテンダントコールボタンも設置してあります。

また、テーブルもカクテルトレイとダイニングテーブルの2つが用意されていて、状況に応じて使い分けができるようになっていました。

自由な角度に調節できる読書灯も各座席に完備。

写真を撮っていないですが、各座席にPC用電源も設置されていました。

スポンサーリンク

サービス

黒塗りのマークの列車がフルサービス、白抜きのマークの列車がシート営業のみ

さきほどサラッと触れておきましたが、グランクラスではアテンダントによるフルサービスの列車とシートのみ営業の列車があります。時刻表ではグランクラスのマークによってフルサービスの列車かシートのみ営業の列車なのかはひと目でわかるように区別されています。

東京発で見た場合に、仙台までの列車ならシートのみ営業で、仙台よりも遠くへ行く列車ならフルサービスっていう感じのようですね。

ちなみに交通新聞社発行の時刻表では、グランクラスマークが黒く塗りつぶされている列車はアテンダント乗務でフルサービスのある列車、グランクラスマークが白抜きされている列車はシートのみ営業の列車になっていますよ。

フルサービスの内容についてのお話ですよ!

おしぼりはタオルのものがでてきた!

今では珍しくなったタオルのおじぼり

ここ最近ではグリーン車に乗っても「おしぼり」のサービスなんて受けられなくなってしまったけど、グランクラスではしっかりとおしぼりが出てきました。それもペーパータオルではなくてちゃんとタオルのおしぼりが。

懐かしさと同時にタオルのおしぼりが出てきたことを喜んでいる自分はずいぶんとオッサンになってるんだと悲しくもあり…。

季節によって上下列車で内容が違う軽食

なんと軽食の内容が季節ごとに変わり、上り列車と下り列車で違うんですよ!

下り(東北・北海道方面)

下り列車の軽食

乗車時の軽食の内容

飛竜頭紅生姜あんかけ
玉子焼き
鶏そぼろ
絹さや
こごみ胡麻和え
鮭甘酒漬け焼き
花蓮根柑橘甘酢
鶏甘酒漬け焼き
さつまいも甘露煮
白飯(岩手県産たかたのゆめ)

上り(東京方面)

上り列車の軽食

乗車時の軽食の内容

桜でんぶ
玉子焼き
花蓮根柑橘甘酢
数の子醤油漬け
絹さや
海老甘酢漬け
かんぴょう煮
いくら醤油漬け
筍山椒煮
鰊甘露煮
がり
椎茸煮
ごま入り酢飯(岩手県産たかたのゆめ)

最新の軽食メニューについては公式サイト(サービスの最後にリンク貼ってあります)で確認してくださいね。

季節ごとにメニューが変わるなんて、何度もグランクラスに乗らないと…。

アルコールとソフトドリンクが飲み放題でおつまみは食べ放題

アルコールとソフトドリンクが飲み放題でおつまみは食べ放題

ビールを始めとしたアルコール類とソフトドリンが飲み放題、そしておつまみが食べ放題という夢のようなサービス。

おつまみはおかきのみでしたけど。

グランクラスは「走る居酒屋か!」、もとい乗るのに結構な金額がかかるから居酒屋ではないな。

飲み放題だからと言っても、飲み過ぎには要注意ですよ!

サービス内容はあらくま的には満点だね

おしぼりがタオルのものだったり、アルコール類も飲み放題だったり、おつまみも食べ放題なんで、自称「呑み鉄」なあらくまの採点は100点満点で良いと思いますな。

季節ごとに軽食の内容が変わったりしますので、最新の情報は以下のリンクで確認してくださいね。

スポンサーリンク

グランクラスの料金は

さて、気になるグランクラスの料金なんですが、東北・北海道新幹線の主な駅間では下の表のとおりとなります。

各区間とも片道運賃とグランクラス料金の合計(通常期)となります。

主な乗車区間金額(運賃+グランクラス料金)
東京 ー 仙台19,620円
東京 ー 盛岡23,470円
東京 ー 八戸25,020円
東京 ー 新青森27,110円
東京 ー 新函館北斗38,280円

東北新幹線区間しか乗車しませんでしたが、北海道新幹線の新函館北斗までのグランクラス料金も載せておきます。

モバイルSuica特急券(運賃含む)を利用すると「東京ー新青森」間で2,000円ほど安くグランクラスに乗車することができます。

予約と購入方法は

それでは東北新幹線のグランクラスの予約方法ときっぷの購入についてです。

予約は「えきねっと」か「モバイルSuica」

グランクラスを予約するなら「えきねっと」か「モバイルSuica」の二択になりますかね。この二択なのはJR東日本管内に在住だからですよ!

とか言いつつも、あらくまはまだ「えきねっと」しか使ったことがないので…。機会があればモバイルSuicaも使ってみようかと思っています。

どちらもシートマップを使ってで予約可能ですので、好きな席を確保することができます。

シートマップで好きな座席を予約できるのはありがたいですよね!

みどりの窓口や指定席券売機では予約ではなくてきっぷの購入になってしまうので要注意。

購入は「みどりの窓口」か「指定席券売機」で

グランクラスは指定席券売機でも購入できます!

モバイルSuicaならスマホを自動改札機にかざして格好良く乗車できるんでしょうけど、オタクとしてはきっぷを手に改札口をとおりたい…。

というわけで「えきねっと」で予約して『みどりの窓口』で購入することが多いですね。

乗車直前に購入するなら「指定席券売機」、事前に予約して鉄旅の直前に購入するなら「みどりの窓口」って感じで使い分けしてます。

「みどりの窓口」も「指定席券売機」もシートマップで座席を選べるので、お財布に余裕があれば即購入というのもよいでしょう。

もちろん、JRのきっぷを取り扱っている旅行代理店でも購入可能ですが、手数料が必要だったりすることもあるので、JR直営の窓口のがいいのではないでしょうか。

おわりに

以上、東北新幹線グランクラス乗車レポでした。グランクラス登場から8年目にしてやっと乗車することができました。

しかし、最近の新幹線はほとんど揺れを感じることがないですね。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus
タイトルとURLをコピーしました