東京都内(23区&武蔵野市&三鷹市)のタクシーが初乗り410円になったけど近距離の「ちょい乗り」以外にほとんどメリットが感じられない!!

あらくまの日常から

2017年1月30日から 東京都23区と武蔵野市及び三鷹市を走るタクシーの料金が変わる ことが、昨年末からニュースなどで取り上げられてましたよね。

今回は変わるタクシー料金についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

新旧のタクシー料金を比較

まずはタクシー料金がどのように変わるのか、見てみましょう。

1月29日まで1月30日から
初乗りの距離2.0km 1.052km
初乗り料金730円 410円
加算距離280m 237m
加算料金90円 80円
時速10km以下での
走行時の加算料金
105秒毎に90円90秒毎に80円

タクシーの初乗りの距離と料金が大幅に変更になっているのがわかりますよね。

今度のタクシー料金の改定では「近距離のタクシー利用を促進したい」ということのようですね。

タクシーの新料金のカラクリ

1月30日からのタクシー料金にはちょっとしたカラクリがありました。今回の記事タイトルでおわかりと思いますけど。

初乗り料金はワンメーターの距離が短くなったから料金が変更になっただけだよ!

ワンメーターの距離が今までと同じで730円から410円に値下げになるのなら大歓迎なんですけど、実はそうではない。

今までのワンメーターの距離が2kmから1.052kmに短くなるから、初乗り料金が変更になっただけのこと。

勘違いしやすそうなので、お間違いのないようにね。

タクシーに乗った距離で値下げだったり値上げだったりする!

昨年末に見た東京のタクシー料金の値下げに関するニュースでは、初乗り料金が値下げされることがメインに報道されていたと記憶しています。

しかし、実際には タクシーに乗った距離によって値下げだったり値上げだったり するんです。

このあたりは「値上げだったり、値下げだったり」という部分は、ネットのニュースではしっかりと書かれていますけど、テレビのニュースではあまり取り上げられていなかったと。

2kmまでのタクシー利用なら値下げ

2kmから初乗り距離を引いて加算距離で割ると、2kmちょうどで730円になるような料金体系に変更されるので、2kmまでのタクシー利用なら値下げになりますね。

今までは1kmでも2kmでも730円だったのが、1kmなら410円になるんですから。

1km1.5km1.75km
1月29日まで730円
1月30日から 410円 570円 650円
この表では時速10km以下で走行したときの時間による加算料金については考えずに、単純にタクシーの利用距離のみでの金額です。

2kmなら今までと同じ料金

2kmのタクシー利用だと今までと料金は変わらず。

料金は今までと同じなんで料金改定の恩恵にあずかることはできませんね。

2km以上6.5kmまでのタクシー利用だと値上げだったり値下げだったり

プレスリリースによるとこの間の距離をタクシー利用すると、値上げになったり値下げになったりとわけのわからないことに。

ただ、東京のタクシー利用距離の平均である4kmだと、今と料金は変わらずということだそうです。

なので、200m毎のタクシー料金がどうなるか計算してみましたよ!

2.2km2.4km2.5km2.6km2.8km
1月29日まで730円910円910円1,000円1,000円
1月30日から 810円 890円 970円 970円 1,050円
3km3.2km3.4km3.5km3.6km3.8km
1月29日まで1,090円1,180円1,180円1,270円1,270円1,360円
1月30日から 1,130円 1,210円 1,210円 1,290円 1,290円 1,370円
4km4.2km4.4km4.5km4.6km4.8km
1月29日まで1,450円1,450円1,540円1,540円1,630円1,630円
1月30日から 1,450円 1,530円 1,610円 1,610円 1,610円 1,690円
5km5.2km5.4km5.5km5.6km5.8km
1月29日まで1,720円1,810円1,900円1,900円1,900円1,990円
1月30日から 1,770円 1,850円 1,930円 1,930円 2,010円 2,090円
6km6.2km6.4km6.5km
1月29日まで2,080円2,080円2,170円2,260円
1月30日から 2,090円 2,170円 2,250円 2,250円
太字 は料金が変わらないか値上げ、赤い太字 の部分は今までよりも値下げになる距離です。この表では時速10km以下で走行したときの時間による加算料金については考えずに、単純にタクシーの利用距離のみでの金額です。

なんということでしょう、値下げになっている距離よりも値上げになっている距離のほうが多い じゃありませんか。

もう少し細かく50m毎とか100m毎とかで計算すると変わってくるかもしれないですけどね。

計算してみた結果はこんな感じでした。計算を間違ってないといいけどな。

6.5km以上のタクシー利用だと完全に値上げ

6.5km以上タクシーを利用すると完全に値上げになるそうで、完全に料金改定で恩恵のない距離のタクシー利用になっちゃいます。

でも、そうそう6.5kmとかタクシーに乗るようなことってないでしょ。電車が走っていない時間帯とかに帰宅するときくらいなもんでしょうね。

遠距離利用者がタクシーの売上を補填するようになっているので、近距離利用以外の人は実質的な値上げ

ほぼ2km以上のタクシー利用だと料金の値上げになることがわかりました。

つまり、どう考えたって 「近距離での料金は安くするのでタクシーの売上がさがってしまうかもしれないから、近距離で安くした分については値上げになる部分で補っちゃおう!」 的な考えが、この料金設定からみえみえだと思いませんか?

ま、プレスリリースでもはっきりと断言しているんですけどね。

近距離のタクシー利用者だけが値下げになって中長距離を利用する人には値上げになるのが、今回のタクシー料金の改定ということなんでしょう。

おわりに

今回のタクシー料金の改定は、はっきり言って2kmまでのタクシー利用者だけが値下げになるということなんですね。

それ以外の距離をタクシー利用する人にとっては値上げ。

昨年末のテレビニュースなどでは「値下げになる部分だけが強調されていて値上げになる部分についての言及がなかったなぁ」というのが記事を書いていての感想ですね。

このの記事を書くのに参考にさせてもらったのは、国土交通省関東運輸局のプレスリリースです。

参考 東京のタクシー初乗り短縮運賃の公示について

「けっこう思い切ったことするなぁ」という印象がありましたけど、よくよくプレスリリースを読んでみたら、タクシーに乗るのに良くなった部分と悪くなった部分があるんですよね。

しかも大半は値上げなんで、悪くなった部分のが多いし。

確かに近距離でのタクシー利用はしやすくなったと思いますが、自分は「よっぽどのことがないかぎりはタクシーは利用しない!」って決めてますので、そうそうタクシーに乗ることはないでしょうね。

その理由は別の機会にお伝えすることにしたいと思います。

今回もおつきあいいただきありがとうございました!また次回お会いしましょう!!

あらくま
列車やバスに乗って全国各地を訪れるのが趣味な中年オヤジ。現在は2周目となるJR全線完乗、私鉄と公営鉄道と第三セクター線の初完乗を目指して全国各地を乗り鉄旅をしています。
あらくまをフォローする
あらくまの日常から
スポンサーリンク
あらくまをフォローする
青春18きっぷ&お得なきっぷで乗り鉄の旅ブログ
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus