「エンジョイ鉄旅!」は、青春18きっぷやその他のお得なきっぷでの鉄旅を楽しむブログ
鉄旅に便利でお得なきっぷの王様「青春18きっぷ」

乗り鉄さんからそうでない人までに発売開始から35年以上の人気を誇る「青春18きっぷ」。

今さら聞けない「青春18きっぷ」の基本中の基本を徹底解説しています!

青春18きっぷの詳細はこちら!

「青春18きっぷで鉄旅【2017冬の陣】」の総まとめ ~「2017冬の陣」は思いつきで鉄旅にでたシーズンでした!~

「青春18きっぷで鉄旅【2017冬の陣】」で乗った列車たち 青春18きっぷ

「青春18きっぷ」の2017年冬のシーズンも終了してしまいましたね。このブログを読んでくださっている(どれだけの人が読んでくれているんだろうか?)あなたは今シーズンはどこへどんな列車を乗りに鉄旅してきたのでしょうか?

さて今回は「青春18きっぷで鉄旅【2017冬の陣】」の旅のまとめということで、今シーズンの各鉄旅のおさらいをしていきますよ!

スポンサーリンク

第1弾は「身延線完乗と富士山本宮浅間神社と富士山を眺める旅」(日帰り)

第1弾の旅では日帰りで身延線の完乗と富士山本宮浅間神社の参拝と身延山へ登るつもりで旅にでたんですが、「うたた寝してしまって身延で列車を降りそこねる」という失態をおかし、そのまま甲府までいっちゃうというハプニング付きの旅でした。

が、天候がすこぶる良くて雲一つない快晴だったので、列車の車窓や富士山本宮浅間神社からの「富士山」の眺めは最高でした!

行程

第1弾の鉄旅の行程をは以下のとおりです。

行程 2017年12月11日(月)催行

  1. 中央本線:高円寺 → 東京
  2. 東海道本線:東京 →「普通列車グリーン車自由席」→ 沼津
  3. 東海道本線:沼津 → 富士
  4. 身延線:富士 → 富士宮
  5. 富士山本宮浅間神社へ参拝と富士山の写真撮影
  6. 身延線:富士宮 → 甲府
  7. 中央本線:甲府 → 高尾
  8. 中央本線:高尾 → 高円寺
  • JR線の乗車キロ:368.7km。
  • 途中下車:沼津・富士宮・甲府・高尾

普通運賃が合計で6,380円のところ、青春18きっぷの1回分2,370円で鉄旅をしてきましたので、運賃だけでも4,010円もお得に旅してきたことになりました!

青春18きっぷで身延線完乗と富士山本宮浅間神社と富士山を眺める旅《まとめ》
「青春18きっぷ【2017冬の陣】第1弾! ~身延線完乗と富士山本宮浅間神社と富士山を眺める旅~」のまとめ。久々の鉄旅と富士山に心を癒やされた1日を簡単にまとめてお伝えしますよ!

立ち寄り先は「富士山本宮浅間神社」

うたた寝してしまって身延で途中下車することができなかったので、この旅での立ち寄り先は「富士山本宮浅間神社」のみ。

富士山を祀る富士山本宮浅間神社へ参拝し富士山を撮りまくる ~青春18きっぷで身延線完乗と富士山本宮浅間神社と富士山を眺める旅《3》~
「青春18きっぷ【2017冬の陣】第1弾! ~身延線完乗と富士山本宮浅間神社と富士山を眺める旅~」もいよいよ3回目。今回は富士山本宮浅間神社への参拝と富士山を満足いくまで眺めてきたお話しをお伝えします!ただせっかく富士宮に行ったのに「富士宮焼きそば」を食べてくるのはすっかりと忘れてました…。

広場の途中にあった御手洗橋から富士山を望む

そうそう、富士宮に行ったのに「富士宮焼きそば」のことをすっかりと忘れていて食べ損ねてきちゃいました。

第2弾は「小海線の観光列車『HIGH RAIL 1375』に乗る東京発日帰り周遊青春18きっぷの旅」(日帰り)

第2弾の旅は、2017年の夏にデビューしたJR東日本の小海線を走る観光列車「HIGH RAIL 1375」の指定券を直前の金曜日に手に入れることができたので、東京出発で小海線を完乗できる周遊ルートで日帰りの鉄旅をしてきました!

行程

第2弾の鉄旅の行程をは以下のとおりです。

行程 2017年12月17日(日)催行

  1. 中央本線:高円寺 → 東京
  2. 上野東京ライン・高崎線:東京 →「普通列車グリーン車自由席」→ 高崎
  3. 信越本線:高崎 → 横川
  4. 碓氷峠鉄道文化むら散策
  5. JRバス関東(碓氷線):横川 → 軽井沢
  6. しなの鉄道(しなの鉄道線):軽井沢 → 小諸
  7. 小海線:小諸 →「HIGH RAIL 1375」→ 小淵沢
  8. 中央本線:小淵沢 → 大月
  9. 中央本線:大月 →「ホリデー快速『富士山』指定席」→ 新宿
  • JR線の乗車キロ:398.9km。
  • 途中下車:東京・横川・軽井沢・小淵沢・大月

JR線普通運賃が合計で7,040円のところ、青春18きっぷの1回分2,370円で鉄旅をしてきましたので、運賃だけで4,670円もお得に旅してきたことになりました!

この旅のトータルの金額は9,650円(飲食費や入園料、お土産代は含まず)となっていて、なんと交通費だけで7,280円もの大赤字という結果でしたが、乗り鉄を楽しんだから良しとしちゃいますw

なんてたって「HIGH RAIL 1375」に乗れたんだからね!

立ち寄り先は「碓氷峠鉄道文化むら」

横川駅で軽井沢行きバスの待ち時間を利用して立ち寄ったのが「碓氷峠鉄道文化むら」。ちょっと残念なことに展示されている鉄道車両の保存状態が悪く、少し悲しい気分になっちゃいました。

『碓氷峠鉄道文化むら』に軽井沢行きのバスの待ち時間を活用して立ち寄りました!保存状態の良くない車両たちを眺めて悲しくなる ~小海線の観光列車「HIGH RAIL 1375」に乗る東京発日帰り周遊青春18きっぷの旅《3》~
「青春18きっぷ【2017冬の陣】第2弾! ~小海線の観光列車『HIGH RAIL 1375』に乗る東京発日帰り周遊青春18きっぷの旅~」、横川で『碓氷峠鉄道文化むら』に立ち寄ってきました!ここでの時間を作るために始発で旅立ったんですよ。ただ、雨ざらしの展示車両たちの痛みが想像以上に激しくてちょっと悲しくなっちゃいました。

碓氷峠鉄道文化むら 189系特急電車とEF63電気機関車

小海線の観光列車「HIGH RAIL 1375」

この鉄旅のメインともなる、2017年の夏にデビューした小海線の「HIGH RAIL 1375」に乗って小海線を完乗してきました。

小諸を出発するときは天気も良かったんですが、野辺山に着く頃には一面の銀世界。

雪の降る野辺山に停車中の「HIGH RAIL 1375」

そして、小淵沢に近づくにつれて再び天気が良くなるという具合でした。

帰路の中央本線大月からは「ホリデー快速:富士山」で新宿へ

小淵沢からの帰りの中央本線。前日の夜に「そういや日曜日だしホリデー快速の運行があるじゃん!」と思い出し、早朝の出発時に指定席券売機で運良く購入することができたので乗ってきたのが「189系特急車両」で運転される『ホリデー快速:富士山』号。ちなみに国鉄色でした。

189系国鉄色のホリデー快速「富士山」

指定席もほぼ満席で「指定席が取れて良かった…」。自由席はきっと座れない人もいたんだろうし。

第3弾は「青春18きっぷで一泊二日の鉄旅!水郡線・烏山線・日光線の3路線完乗の旅」(一泊二日)

第3弾の旅は水郡線・烏山線・日光線の3路線を完乗してくる一泊二日での鉄旅です。烏山線と日光線は「大回り乗車」では経路に含むことができない路線なので「このチャンスに完乗しておこう!」ということで乗ってきました。

行程

第3弾の鉄旅の行程をは以下のとおりです。

1日目:常磐線・水郡線を完乗しながら「袋田の滝」観光後に郡山経由で宇都宮へ

旅の1日目は水郡線を完乗しつつ日本三大名瀑の一つ「袋田の滝」を観光して、お宿のある宇都宮まで。

行程 2018年1月2日(火)催行:1日目

  1. 中央本線:高円寺 → 神田
  2. 山手線(東北本線):神田 → 上野
  3. 常磐線:上野 →「普通列車グリーン車自由席」→ 水戸
  4. 水郡線:水戸 → 常陸太田
  5. 水郡線:常陸太田 → 上菅谷
  6. 水郡線:上菅谷 → 袋田
  7. 茨木交通バス(袋田の滝線):袋田駅前 → 滝本(復路は徒歩)
  8. 水郡線:袋田 → 常陸大子
  9. 水郡線:常陸大子 → 郡山
  10. 東北本線:郡山 → 新白河
  11. 東北本線:新白河 → 黒磯
  12. 宇都宮線(東北本線):黒磯 → 宇都宮
  • JR線の乗車キロ:413.2km。
  • 途中下車:上野・常陸太田・上菅谷・袋田・郡山・新白河

1日目はJR線普通運賃が合計で7,880円のところ、青春18きっぷの1回分2,370円で鉄旅をしてきましたので、運賃だけで5,510円もお得に旅してきたことになりました!

2日目:烏山線と日光線を完乗して帰宅

2日目は通称「ACCUM(アキュム)」と呼ばれるEV-E301系電車に乗って烏山線完乗と日光線を完乗して帰宅。世界遺産になっている「日光東照宮」へは人が多そうだったのと、寒さで断念。またの機会に立ち寄ってこようと思ってます。

行程 2018年1月3日(水)催行:2日目

  1. 烏山線:宇都宮  ←→ 烏山(往復)
  2. 烏山線:宇都宮 ←→ 日光(往復)
  3. 宇都宮線(東北本線)・上野東京ライン:宇都宮 →「普通列車グリーン車自由席」→ 東京
  4. 中央本線:東京 → 高円寺
  • JR線の乗車キロ:270.8km。
  • 途中下車:烏山・日光・宇都宮

2日目はJR線普通運賃が合計で4,600円のところ、青春18きっぷの1回分2,370円で鉄旅をしてきましたので、運賃だけで2,230円もお得に旅してきたことになりました!

今回の立ち寄り先は「袋田の滝」のみ

旅の1日目に水郡線「袋田」の近くにある日本三大名瀑の一つ『袋田の滝』へ寄ってきました。滝の半分位が凍っているとの情報を前日に得ての訪問で、実際に滝の半分位が凍っていましたよ!

「袋田の滝」半分位が凍ってる

袋田駅前と袋田の滝近くまでのバスの本数が少ないので復路は徒歩で袋田駅へ向かいました。前日に調べた情報では駅まで徒歩40分くらいとのことだったのでね。実際に徒歩で40分くらいでした。(写真を撮りながらあるいてこのくらいだった)

宇都宮のお宿はカプセルホテル

一泊二日の旅ということでお宿が必要なんですが、今回はカプセルホテルにしました。(というか、なんとかカプセルホテルが予約できただけ)

カプセルホテルのイメージ

写真はイメージです。今回泊まったカプセルホテルはちょっと古いタイプのものでした。

ところで読んでくれている「あなた」は泊りがけの鉄旅のときは、どんなところにお泊りになるんでしょうかね?

第4弾は「特急『踊り子』号と『青春18きっぷ』で伊豆箱根鉄道駿豆線と御殿場線を完乗する三島観光日帰り鉄旅」(日帰り)

第4弾の鉄旅は、第3弾までと違い少し朝ゆっくりめのスタートです。また、今回の鉄旅は特急列車と私鉄と「青春18きっぷ」を組み合わせた鉄旅です。

「青春18きっぷ」と「特急券」を組み合わせて特急列車を利用することはできませんので、特急列車を利用する場合は特例区間を除き特急列車に乗車する区間の運賃も別途必要になります。

行程

第4弾の鉄旅の行程をは以下のとおりです。

行程 2017年1月7日(日)催行

  1. 中央本線:高円寺 → 東京
  2. 東海道本線・伊豆箱根鉄道駿豆線:東京 →「特急『踊り子』指定席」→ 修善寺
  3. 伊豆箱根鉄道駿豆線:修善寺 → 三島田町
  4. 三島観光:三島田町駅 → 三嶋大社 → 柿田川公園 → 三島駅(徒歩移動)
  5. 東海道本線:三島 → 沼津
  6. 御殿場線:沼津 → 国府津
  7. 東海道本線・湘南新宿ライン:国府津 →「普通列車グリーン車自由席」→ 新宿
  8. 中央本線:新宿 → 高円寺

赤い太字が「青春18きっぷ」を使った区間です

  • JR線の乗車キロ:289.3km ※「青春18きっぷ」利用分は168.6km
  • 途中下車:東京・修善寺(駿豆線)・三島田町(駿豆線)・沼津・国府津

この回の鉄旅では「青春18きっぷ」利用距離が短く利用区間の普通運賃が合計2,830円となり、青春18きっぷ利用との差額が460円と割安感が感じられない鉄旅となってしまいましたが、185系電車に乗ったので良し!

185系電車の「特急『踊り子』」で東京から伊豆箱根鉄道駿豆線完乗のために修善寺へ

この旅の始まりは185系電車の「特急『踊り子』」に乗って修善寺へ。

185系電車「特急『踊り子』」を修善寺にて

185系電車の廃車が現実味を帯びてきたので、廃車になる前に乗っておこうと思い立って乗ってきました。

「青春18きっぷ」と「特急券」を組み合わせて特急列車を利用することはできませんので、特急列車を利用する場合は特例区間を除き特急列車に乗車する区間の運賃も別途必要になります。

実は、185系電車が特急運用時に乗ったのは今回が初めて! デビュー当時に普通列車として運用されているときには乗ったんですけどね。それ以来の乗車でした。実に30年以上ぶりに乗ってきたんですよ!

そして、特急「踊り子」に乗ったまま伊豆箱根鉄道駿豆線の完乗を果たしました!

三嶋大社と柿田川公園を散策

伊豆箱根鉄道駿豆線の完乗を果たした後は、御殿場線の完乗までちょっと時間があったので「三嶋大社」から「柿田川公園」へと三島市内を歩いて散策してきました。

三嶋大社

伊豆箱根鉄道駿豆線の「三島田町」で下車して三嶋大社へ。1月も7日になったとうのにけっこうな人出で賑わっていました。

三嶋大社の手水舎

参拝をするのにも人が多くて順番待ちの列が4列ほどできていて、参拝できるまでに時間がかかってしまいましたが、無事にお参りすることができました。

三嶋大社周辺の道路は大渋滞なうえ、歩道も人でいっぱいでした。

柿田川公園

三嶋大社から歩くこと30分ほどで、清流「柿田川」の湧水群をみることができる『柿田川公園』に。

柿田川公園入口

写真の右端にちょろっと写っているのが国道1号線。こんな大動脈のすぐ脇で湧水しているんですね。

「わき間」という水が湧き出ているところを除いてはふつうの公園でした。

この後、三島駅まで再び歩いてもどり御殿場線完乗を目指しました。

「青春18きっぷで鉄旅【2017冬の陣】」のまとめ

というわけで、ここまで「青春18きっぷで鉄旅【2017冬の陣】」の振り返りをしてみました。

今シーズンはどの鉄旅も仕事が休みの日の直前に思いつきで出かけてきた旅でしたので、次のシーズンではもう少ししっかりと計画を立てないとダメですね。

そして今シーズン中の仕事の休みの日のほとんどを「青春18きっぷ」で鉄旅してきました。なんせ、年末年始やゴールデンウィークとか夏休みなんて関係のない仕事をしているもんで、シフトの休みの日に鉄旅しないと「青春18きっぷ」を使いきることができないんですよ。

さて、次のシーズンにどこへ出かけるか、今からしっかりと考えておかねば!

今回も最後までお付き合いくださって、ホントにありがとうございました! また次回お会いできるのを楽しみにしています!!

それでは次回までごきげんよう!

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus