「エンジョイ鉄旅!」は、青春18きっぷやその他のお得なきっぷでの鉄旅を楽しむブログ
鉄旅に便利でお得なきっぷの王様「青春18きっぷ」

乗り鉄さんからそうでない人までに発売開始から35年以上の人気を誇る「青春18きっぷ」。

今さら聞けない「青春18きっぷ」の基本中の基本を徹底解説しています!

青春18きっぷの詳細はこちら!

高尾山ケーブルカー乗車記【高尾登山電鉄】

高尾山のケーブルカー 乗り鉄旅&お出かけ記

先日に前回いつ登ったのかも思い出せない「高尾山」へ弾丸登山してきた、あらくま(@sa_arakuma)です。

高尾山へ弾丸登山!思いつきで仕事終わりに登ってきました
思い出せないくらい久しぶりに「高尾山」へ登ってきましたので、そのときの様子をレポートしました!標高もそんなに高くなく気軽に登れる「高尾山」、ぜひ、おでかけになってはいかがでしょう。

このときに『高尾登山電鉄』のケーブルカーの完乗を果たしてきましたので、そのときの様子を乗車記としてお伝えしていきます!

スポンサーリンク

高尾登山電鉄ケーブルカー

その名の通り、高尾山の麓「清滝駅」と中腹の「高尾山駅」を結ぶ高尾登山電鉄のケーブルカーです。ケーブルカーと並行してリフトも運営しています。

リフトは「索道」と言って鉄道はないんですよ!

長らくの間は京王グループに属さない会社だった(京王が出資はしていたそう)んだそうですが、2017年の3月からは京王グループの一員になったそう。

路線

清滝駅~高尾山駅間の営業キロ1.020kmで両駅間の高低差は271m。

高尾山駅の手前にて日本の鉄道としての最急勾配608‰(31度18分)があります。

ケーブルカー・リフト | 高尾登山電鉄公式サイト

運賃

完乗を果たした時点での運賃は以下のとおり。

運賃
  • 大人:片道480円・往復930円
  • 小児:片道240円・往復460円

京王電鉄各駅からのお得なきっぷもあります!

京王電鉄の各駅(高尾山口駅は除く)から、京王線の乗車券とケーブルカー・リフトの乗車券がセットになった『高尾山きっぷ』というものも発売されています。

片道券と往復券があり割引率は2割引きになっている乗車券。

京王電鉄の各駅からの発売額は京王のサイトでご確認くださいね。

高尾山きっぷ 運賃表|京王グループ
京王電鉄・京王グループのウェブサイト。京...

また、自動券売機での購入方法は別のエントリーでお伝えしていますので、あわせてご確認ください。

【高尾山きっぷ】京王線とケーブルカーの運賃がセットになったお得なきっぷの料金と購入方法
仕事終わりに「高尾山」に出かけてきたときに利用した京王電鉄の『高尾山きっぷ』のご紹介と購入方法をお伝えします!

高尾山弾丸登山にはこの「高尾山きっぷ」を利用したんですよ!

高尾山きっぷ

運行について

清滝駅から高尾山駅までの所要時間は約6分で、基本は15分間隔で運行されていますが、始発の時間は毎日8時になっていますが最終の時間が月や平日・土休日によって違っていますので気をつけましょう。

ケーブルカー・リフト | 高尾登山電鉄公式サイト

ケーブルカー乗車記

それではいよいよ乗車記にいきましょう。今回はケーブルカーを往復利用し、行きも帰りも一番うしろに陣取ってきました。

清滝駅

三角屋根が特徴的な清滝駅。

ケーブルカー乗り場

この三角の場所に天狗のお面(?)がありました。

屋根の天狗の顔

そしてきっぷ売り場の前には北島サブちゃんが!

北島サブちゃん!

サブちゃんの左側がケーブルカー乗り場で、右の方へ進むとリフト乗り場。

清滝駅ケーブルカー乗り場

発車時間ギリギリだったこともあり、1本見送って次のケーブルカーに乗ることに。

清滝から高尾山へ

さて、いよいよ乗車して清滝を出発します。

清滝駅を出発

まだ勾配はそんなにきつくないですね。ケーブルカーにも久しぶりに乗車してるのでワクワク。

一つ目のトンネルを抜けて少し進むと、ちょっとだけ勾配がきつくなってきた。

ケーブルカー乗車中1

そして中間地点で下っていくケーブルカーとすれ違い。

ケーブルカー乗車中③

すれ違いがすんでしばらく進むと、また勾配が少しきつくなった! 勾配がきつくなったのが感じられますかね?

ケーブルカー乗車中2

ここでちょっと車内かた都内の方を眺めてみると…。雲が多くてあんまり眺めが良くない。

ケーブルカー乗車中3

そんなうちにケーブルカーは日本最急勾配区間へ。さらに勾配がきつくなってるんですけど、わっかるかなぁ~。

ケーブルカー乗車中4

このあとトンネルを抜ければ終点の「高尾山」。

日本一の急勾配

↑この写真がいちばん勾配のきつさがわかりやすい写真だな。

終点の高尾山駅に到着。(帰りに撮った写真だけどねw)

ケーブルカー乗車中5

高尾山駅

高尾山駅でケーブルカーを下車。麓の清滝駅と比べると勾配のきついところに駅があるのがよくわかります。

高尾山駅の様子

この写真だとわかりづらいかもしれないんだけど、高尾山駅のホームは階段になってるし! 清滝駅のホームは坂だったのに。

で、高尾山駅の駅舎をパチリ。このあと高尾山山頂へ向けて歩いていきましたとさ。

高尾山駅駅舎

おまけ情報を2つ

2つほどおまけな内容を。

ケーブルカーには冷房がない!

行きの乗客数は10人ちょっとくらいでよかったんですけど、帰りのケーブルカーはそこそこの乗客数でした。

帰りのケーブルカーの車内

ま、これくらいならどうってことはないんですけど、ケーブルカーに冷房が設置されていないので、満員だと車内はけっこう暑くなりそうですね。

高尾山ビアマウントが高尾山駅のすぐそばでやっている!

毎年6月中旬から10月中旬にかけて高尾山駅すぐの標高500mという場所でビアガーデンが夜9時まで開催されています。詳しくは公式サイトで。

高尾山ビアマウント | 高尾登山電鉄公式サイト
都心から1時間、ゆっくりと山歩きが楽しめる「明治の森高尾国定公園」へようこそ。ケーブルカーやリフトの料金・時刻表、登山コースのご紹介、遠足に便利な登山ガイド、絶景ビアマウント、サル園・野草園、高尾山薬王院など、高尾山の情報が満載!

高尾山ビアマウントの営業時間にあわせてケーブルカーも運行されますので「ちょっと一杯♪」っていう感覚で行ってみてはいかがでしょうか。

この日、あらくまは一杯やりたい気持ちをおさえて帰ってきましたw

おわりに

高尾山弾丸登山のときに完乗を果たした、高尾登山電鉄ケーブルカーの乗車記でした。

使い回しの写真もそこそこありましたが、高尾山のケーブルカーの雰囲気をお楽しみいただけましたでしょうかね?

ケーブルカーやリフトがあるといっても高尾山は山です。登山されるときはそれなりの格好をしてでかけましょうね。

今回も最後までお付き合いくださって、ホントにありがとうございました! また次回お会いできるのを楽しみにしています!!

それでは次回までごきげんよう!

あらくま

列車やバスに乗って全国各地を訪れるのが趣味な中年オヤジ。現在は2周目となるJR全線完乗、私鉄と公営鉄道と第三セクター線の初完乗を目指して全国各地を乗り鉄旅をしています。

あらくまをフォローする
乗り鉄旅&お出かけ記
スポンサーリンク
あらくまをフォローする
エンジョイ鉄旅!
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus