「エンジョイ鉄旅!」は、青春18きっぷやその他のお得なきっぷでの鉄旅を楽しむブログ
鉄旅に便利でお得なきっぷの王様「青春18きっぷ」

乗り鉄さんからそうでない人までに発売開始から35年以上の人気を誇る「青春18きっぷ」。

今さら聞けない「青春18きっぷ」の基本中の基本を徹底解説しています!

青春18きっぷの詳細はこちら!

【同棲時代:第1話】こうして同棲生活が始まったのよ!【こんな時代もありました】

あらくまの日常から

ちょっと前にTwitterで「同棲がどうのこうの」というツイートを見かけて、『自分も同棲してたこともあったな…』なんて思い出した、あらくま(@sa_arakuma)です。

というわけで、今回は『こんな時代もあったのよ!』ってことで、同棲生活をしてたあの頃を思い出しながら書いてみました。

今回は『どうして同棲生活が始まったのか』を振り返ってみましたよ!

今はボッチな生活してるけど、昔は違った生活をしてたのよねww

スポンサーリンク

同棲相手と期間などを

まずは同棲生活してたときの概要みたいなことをね。

今でこそ中年キモヲタオヤジだけど、いや、たぶん20代のころかからキモヲタだったんだけど「年齢=彼女いない歴」ではないんですよ。これでも。

彼女は10歳も歳下の同じ職場の娘さんでした

同棲を始めた当時に付き合っていた彼女は10歳も歳下の同じ職場の娘さん。今になって思うと、すごく歳下の娘と付き合ってたな…。なんて思いますね。

職種こそ違うけど、職場は同じなので自分の仕事時間はまる分かりな状態です。

同棲していた期間は約4年

同棲していたのは今をさかのぼることの15年前から約4年間。けっこう期間としては長いような…。

4年という月日が同棲していた期間として、結婚することになるとしても、ダメになって別れてしまうことになってしまうとしても、一緒に生活する期間としては長かったのか短かったのか、よくわかりませんが。

自分の場合はダメになって別れてしまったけど、まぁ、良い勉強になったと思っていますよ。なんと言っても「結婚への自分の理想が高すぎた」ことを学んだ気がしますので。

ちなみに同棲していたときは東京に住んでおらず、とある地方都市に住んでいるときでした。

同棲は夜遅くまで彼女がどこで何をしてるのかが心配で始まったんだった!

彼女との同棲生活って自分から「一緒に住もう!」と言った記憶もなければ、彼女のほうから「一緒に住みたい!」と言われた記憶もない、ただ、なんとなく二人の同棲生活は始まりました。という記憶しかない…。

そういえば、付き合うことになったときも自分から告白した記憶もなければ、彼女のほうから「付き合ってください!」って言われた記憶もない。

なんか、なあなあで始まった恋愛で同棲生活だったんだな…。

彼女とは職場恋愛で自分の仕事のパターンは決まっていたので、自分の帰宅時間とかは彼女にもまるわかりだったんですね。もちろん自分も彼女の仕事が終わる時間はだいたいわかっていましたけど。このへんはお互いさまってことで。

当時の自分は会社から徒歩5分ほどのところに住んでいて、彼女の家は会社から車で30分ほどのところ。

なので、彼女が夜遅くまで友人たちと遊んだりすると家に帰るのがおっくうになってきたのか、自分の仕事の帰り時間を見計らって部屋に泊まっていくようになり、いつのまにか自分の部屋に彼女の着替えやらの荷物が増えていくようになったんですね。

そのうちにだんだんと家に泊まっていく回数が多くなり、自分が帰宅する時間までどこかで時間を潰してから来るようになったりという生活になってきました。

そうなると自分が仕事で夜遅く帰宅する日に、それに合わせてどこかで時間を潰している彼女ことが心配になってきますよね。だってね、夜遅くまで女の子一人で自分の帰るのをどこかで時間を潰して待っているんですから。

こんな心配しながら過ごすこと1ヶ月ほど、心配ごとは少しでも減らしたい気持ちもあり部屋のカギを渡したんですよね。

部屋のカギを渡す直前くらいまでは、まだ毎日のように彼女が自分の部屋に泊まっていったりしていなかったので、自分の帰宅が夜遅い時に来るときは勝手に部屋に入っていていいよ。というつもりだったんですけどね。

カギを彼女に渡したその日から、彼女は実家に帰らなくなりましたとさ。

結局、カギを渡したことで自分から「一緒に住もう!」とは言わなくても言ったも同然のことで、黙って受け取った彼女も「一緒に住んでもいいよ!」ということだったんでしょうな。

おわりに

一気にダァーっと同棲してたことを振り返って書いてみようかと思ったんですけど、「あんまりにも長いエントリーになると読みづらいかな?」と思い、今回はココまでとしておきます。

いや、同棲してた頃はいろいろと若かったな…。と思ったしだいですわ。

今回も最後までお付き合いくださって、ホントにありがとうございました! また次回お会いできるのを楽しみにしています!!

それでは次回までごきげんよう!

あらくま

列車やバスに乗って全国各地を訪れるのが趣味な中年オヤジ。現在は2周目となるJR全線完乗、私鉄と公営鉄道と第三セクター線の初完乗を目指して全国各地を乗り鉄旅をしています。

あらくまをフォローする
あらくまの日常から
スポンサーリンク
あらくまをフォローする
エンジョイ鉄旅!
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus