「エンジョイ鉄旅!」は、青春18きっぷやその他のお得なきっぷでの鉄旅を楽しむブログ
鉄旅に便利でお得なきっぷの王様「青春18きっぷ」

乗り鉄さんからそうでない人までに発売開始から35年以上の人気を誇る「青春18きっぷ」。

今さら聞けない「青春18きっぷ」の基本中の基本を徹底解説しています!

青春18きっぷの詳細はこちら!

降水確率のこと正しく理解してますか?

あらくまの日常から

旅行やちょっとした外出時に天気予報で確認することが多いのが降水確率。

ニュースがあれば必ず天気予報をやっていますし、降水確率って言葉をよく耳にすると思うんですが、降水確率というものの意味というか定義をちゃんと知っていますか?

今回は、わかっているようでよくわからない降水確率の定義のお話です。

あっ!よくわかっていないのはあらくま(@sa_arakuma)だけか!!

スポンサーリンク

降水確率とはなに?

天気予報でお馴染みの降水確率っていうのはそもそもどんなもんなんでしょうか。ま、雨の降る確率だってことは、なんとなくわかっているでしょうけど。

降水確率とは

過去100回、同じ気象条件のときの降雨量1mm以上の雨の実績

つまり「過去100回の同じ気象条件のときに何%雨が降った実績があるので、今後も同じだけの雨が予想されますよ」ということになるんですね。

例えば、ある場所(予報区域内)で降水確率が50%という予報がでていると「その場所(予報区域内)で同じ気象条件のとき100回のうち50回雨が降りましたよ。」という意味になるんですね。なので、降水確率が50%のときは、雨が降るか降らないかは五分五分っていうこと。

過去のデータから引っ張ってきてるんです。

降水確率は1mm以上の雨が降る確率

よく勘違いされるのが「降水確率が高いと大雨になるんじゃないか?」ということなんですけども、降水確率はあくまでも 雨の降る確率であって雨が降る量を表しているわけではありません。

1mm以上の雨が降る確率になっているので、降雨量とはまったく関係ありません。

大雨であろうとなかろうと、1mm以上の雨が降ると予想される確率なんです。

1mm以上の雨っていうのは、傘を持っていない人が我慢できる程度の雨なんですが、これって人によってマチマチだと思うんですよね。しかし、誰を基準にしたのかを知りたいですね。

降水確率のあたりはずれは、予報区域内で1か所でも雨が降れば大当たり!

雨が降るのか降らないのか?ようは降水確率のあたりはずれについてなんですが、この判断がけっこう難しいんですよね。

ついつい自分が居る場所で判断しがちなんですけども、実際には天気予報って 予報区域 ってのがありますんで。

天気予報の予報区域で「東京地方」と言っても 観測地点というのが無数にあるわけです。

例えば「東京地方で降水確率100%」と予報がでていた場合に、新宿では雨がまったく降っていなくても立川では雨が降っていることもあるんですね。

この場合、新宿にいる人にとっては降水確率ははずれたわけですけど、立川にいる人にとってはあたったわけです。でも、新宿も立川も同じ東京地方になりますので、天気予報はあたったことになるんです。

予報区域内にある観測点の1ヶ所ででも雨を観測できれば、天気予報の降水確率は大当たりしたことになるんですよ!

あたりはずれの判断は、自分がいる場所だけでは判断できないってことですね。

おわりに

ここまで駆け足で簡単に降水確率についてお伝えしてきましたがいかがだったでしょう。

あらくまは仕事の明けの日や休みの日にポケモンGOやカメラを持って出かけるようになってに、最近は天気予報とかがすごく気になりだしたんですね。

そこで、なんとなくは知ってるけどよくわかっていなかった、降水確率のお話を書いてみました。

今回も最後までお付き合いくださって、ホントにありがとうございます!また次回お会いしましょう!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
あらくま

列車やバスに乗って全国各地を訪れるのが趣味な中年オヤジ。現在は2周目となるJR全線完乗、私鉄と公営鉄道と第三セクター線の初完乗を目指して全国各地を乗り鉄旅をしています。

あらくまをフォローする
あらくまの日常から
スポンサーリンク
あらくまをフォローする
エンジョイ鉄旅!