「エンジョイ鉄旅!」は、青春18きっぷやその他のお得なきっぷでの鉄旅を楽しむブログ
鉄旅に便利でお得なきっぷの王様「青春18きっぷ」

乗り鉄さんからそうでない人までに発売開始から35年以上の人気を誇る「青春18きっぷ」。

今さら聞けない「青春18きっぷ」の基本中の基本を徹底解説しています!

青春18きっぷの詳細はこちら!

【WordPressプラグイン】HYPE Social Bufferを使って過去記事にも光をあてよう!

ブログ運営

ブログのアクセスアップのために「どうすりゃいいんだ?」と、いつも悩みが尽きないで脳ミソが常に沸騰している、そんなあらくま(@sa_arakuma)です。

今回は「どうやったら過去記事が読んでもらえるようになるのか?」ということを考えていたら、まさにピッタリなWordPressプラグイン【HYPE Social Buffer】を見つけたので、ご紹介していこうと思います。

せっかく書いた記事ですもん、多くの人に読んでもらいたいですよね。

埋もれていまいがちな過去記事に光をあててよみがえらせて、多くの人に読んでもらいたいと考えているあなたにピッタリのプラグインですよ!

スポンサーリンク

HYPE Social Bufferとは

簡単に言っちゃうと 決めた期間の記事をランダムに選んでBufferにポストしてくれる WordPressプラグインです。

何が便利かというと、設定だけしておけば何もしなくても勝手に記事を選んでくれてBufferにポストして、Bufferで設定した時間にTwitterにツイートしてくれるので、 過去記事のツイートを自動化 させれるってとこ。

Twitterをする時間がないときでも、自動でツイートしてくれるんでとても重宝してます。

過去に書いた記事って、検索結果の上位に表示されないとなかなか読んでもらえなくなってしまいますからね。

埋もれてしまった過去記事に光をあてるには便利なプラグインなんですよ。

WordPressプラグイン「HYPE Social Buffer」を使うためには、あらかじめBufferが使えるようになっている必要があります。Bufferの設定なんかについては以下の記事をどうぞ。

Twitterへ自動投稿ができる『Buffer』を使ってブログ更新情報のツイートを自動化しよう!
ブログ更新情報のツイートってどうされてますか?Bufferなら自動でTwitterにブログ更新情報をツイートすることができますので、その方法をお伝えします。

HYPE Social Bufferをインストール&有効化

それでは過去記事をTwitterにツイートして光をあてるためにHYPE Social Bufferのインストールと有効化をしていきましょう。

1.WordPressにログインして「プラグイン→新規追加」で、画像の赤枠内に『HYPE Social Buffer』と入力。

2.HYPE Social Bufferが検索されますので『今すぐインストール』をクリック。

3.インストールするためにクリックした場所が『有効化』に変わるのでクリック。

これでHYPE Social Bufferのインストールと有効化は終了です。

HYPE Social Bufferを使えるように設定していこう

続いて、過去記事をTwitterでツイートさせるためにHYPE Social Bufferの設定をしていきましょう。

App Access Tokenを取得

実は HYPE Social Bufferはインストールと有効化しただけでは使うことができず、「App Access Token」を取得する 必要があります。

1.Bufferの「Developers」ページを開き、『Get started with our API』をクリック。

Buffer - Developers
Buffer makes it super easy to share any page you're reading. Keep your Buffer topped up and we automagically share them for you through the day.

2.左側のリストの『Create an App』をクリック。

3.必要項目を入力していき、最後に『Create Application』をクリック。画像の赤枠の場所だけ入力で大丈夫。

  • Name:お好きなようにわかりやすくすればいいでしょう
  • Description:お好きなようにわかりやすくすればいいでしょう
  • Website:自分のサイトURL
  • Callback URl:自分のサイトURL

4.いちばん下にあるのがHYPE Social Bufferを使うのに必要な『Access Token』です。

Access TokenはHYPE Social Bufferを使えるように設定するさいに必要なものですので、このページは開いたままにしておきましょう。

HYPE Social Bufferの設定

Access Tokenの取得もできましたので、今度は本命のHYPE Social Bufferの設定をしていきましょう。

左側のリストにある『HYPE Social Buffer』をクリックしてHYPE Social Bufferの設定ページを開きます。

各設定が終わったら、必ず各設定ページの下にある『Save/Update』をクリックして設定を保存しておきましょう。

Enable/Disable

ここでは画像の赤枠のところへ取得した『Access Token』を入力します。

Format & Hashtags

ツイートする内容をここで設定することができます。デフォルトでは「記事タイトル」「記事のURL」が設定されています。

HYPE Social Bufferでは、いきなりTwitterにツイートされるわけではなく、いったんBufferへ記事が送られてBufferからTwitterへツイートされる仕組みなので、ツイート内容を追加したい場合はBufferで追加したほうが便利かも。

自分は文章やハッシュタグを追加したいときはBufferで追加するようにしています。

Intervals

Bufferへ過去記事を送る感覚を設定することができます。Twitterでツイートしたい過去記事を選ぶ期間を設定していくところです。

①はBfferへ記事をポストする時間の間隔が設定できます。
②は記事を公開してから何日経過したらポストするか。
③は何日前までの記事をポストするか。

②から③の期間に公開した記事が選ばれるってことです。

Sharing Options

Bufferへポストする記事数を1回あたり何記事にするかを設定できます。

①では記事数を指定できます。
②では「記事だけ」「固定ページだけ」「記事と固定ページの両方」の3つからどれをポストしていくのか選べます。

Accounts

どのアカウントにポストするかを決められます。自分の場合はこの記事を書いている時点ではTwitterしかないので、Twitterにしかポストできませんけどね。

ここでチェックを入れ忘れると、Bufferへポストできませんので要注意!

Include Categories

ここでは 自動でポストさせるカテゴリーを選んでチェック を入れます。

チェックを入れなかったカテゴリーの記事は自動投稿することができませんので注意!

設定が終わったら『Post Now』で確認しておこう

以上で設定が終わったわけですが最後に『Post Now』をクリックして、Bufferへ過去記事がちゃんとポストされているか確認をしておきましょう。

ちゃんと設定ができてBufferへ過去記事がポストされると、上のほうにポストされた内容が表示されます。

おわりに

「せっかく書いた記事だから埋もれさせたくない」「一人でも多くの人に読んでもらいたい」、こんな気持でいる人って多いと思います。

でも、過去記事を選んで手入力でTwitterにツイートしていくのは大変ですよね。

しかし、HYPE Social Bufferを使えば過去記事を自動で労力をかけずに自動でTwitterにツイートできちゃいます!

過去記事を埋もれさせないで光をあてて、読んでもらえるようにするってことは必要だと思います。というか絶対にやるべき。

ぜひ、HYPE Social Bufferを使って多くの人に過去記事も読んでもらい、アクセスアップができるようにしてきましょう!

今回も最後までお付き合いくださって、ホントにありがとうございます!また次回お会いしましょう!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
あらくま

列車やバスに乗って全国各地を訪れるのが趣味な中年オヤジ。現在は2周目となるJR全線完乗、私鉄と公営鉄道と第三セクター線の初完乗を目指して全国各地を乗り鉄旅をしています。

あらくまをフォローする
ブログ運営
スポンサーリンク
あらくまをフォローする
エンジョイ鉄旅!