「エンジョイ鉄旅!」は、青春18きっぷやその他のお得なきっぷでの鉄旅を楽しむブログ

【2019年鉄旅初め】青春18きっぷで中央本線&飯田線完乗の旅!《まとめ》 ~青春18きっぷで鉄旅【2018 冬の陣】第2弾!~

青春18きっぷ
【2019年鉄旅初め】青春18きっぷで中央本線&飯田線完乗の旅!

2019年の鉄旅初めは「青春18きっぷ」を使って1月3日から一泊二日で初日はJR東日本とJR東海を走り抜く中央本線完乗、2日目にJR東海の飯田線を完乗する鉄旅にでかけてきました!

今回はそんな『2019年鉄旅初め』のまとめです。

2019年に入ってからの鉄旅ですが、2018年内で発売されている「青春18きっぷ」を使っているので、鉄旅としては2019年、青春18きっぷシーズンとしては2018年というややこしい区分けにしちゃってます。

このエントリーの鉄旅は8ヶ月に出かけてきたものです。

スポンサーリンク

行程

2019年最初の鉄旅は中央本線と飯田線を完乗の旅!ということで今回の旅の行程を。

1日目:中央本線完乗の鉄旅

2019年の鉄旅初めを飾るのは中央本線完乗の旅!

自宅最寄り駅から東京までの中央本線はもうすでに何度も乗ってるので、今回の鉄旅のスタートは新宿からということにしました。

鉄旅1日目:中央本線完乗の旅の行程
  • 行程1
    新宿から「スーパーあずさ」で岡谷へ

    始発の普通列車でも十分に間に合うのだけど、今回は横着して特急列車で旅のスタートです。なので、いつもの鉄旅よりは朝ゆっくりしての旅立ち。岡谷までは特急利用なので「青春18きっぷ」はおあずけ。

    新宿から「スーパーあずさ」で岡谷へ

    「青春18きっぷ」では特例区間を除き特急列車には乗車できませんのでご注意を!

    このときはまだ「スーパーあずさ」と「あずさ」があったんだよな…。

  • 行程2
    岡谷から辰野経由で塩尻へ

    岡谷からは青春18きっぷの利用を開始し、辰野経由でひとまず塩尻を目指します。岡谷から辰野経由で塩尻までは現在は支線となっていますが、もともとはこちらが中央本線でした。

    JR東海の車両で辰野まで
    辰野からはJR東日本の車両で
  • 行程3
    みどり湖経由で塩尻と岡谷を往復

    このまま名古屋方面へ行ってしまうと完乗ができないので、みどり湖経由で岡谷へ往復しました。往復とも列車は混んでいたので写真撮影はなし。

    みどり湖経由で塩尻・岡谷間を往復
  • 行程4
    塩尻から中津川へ

    塩尻からはJR東海の区間に入り中津川まで。青春18きっぷのシーズンだからか2両編成の列車はかなりの混雑。なんとか座席を確保することができました。塩尻を出てから山間部を走行していたので「やっと街へでてきなぁ」と感じましたな。

    塩尻から中津川までの列車
  • 行程5
    中津川から名古屋へ

    中津川で塩尻からの列車に連絡する名古屋行きを見送って1本後の快速列車に乗って名古屋へと向かいます。中津川では日が落ちる前でまだ明るかったんですが、途中で完全に日が落ちて夜の濃尾平野を名古屋へと駆け抜けていきました。

スポンサーリンク

名古屋で一泊

そんなに遅い時間に名古屋へ到着したわけではないんですけども、ご覧のように真っ暗。

今夜のお宿は名古屋駅(太閤通口)からほど近いホテルで一泊しました。

名古屋にいる友人と待ち合わせしていて、数年ぶりの友好を深めるために夜の名古屋の街へ繰り出して一杯やってきました!

急な呼び出しにもかかわらず快く出向いてくれた友人に感謝!!

心地よく酔っ払って、明日の朝はそこそこ早く出立するのでベッドに潜り込みました。

名古屋駅

2日目:飯田線完乗の旅

まだ夜が明けきらぬ午前6時に起床。飯田線を完乗するべく行動開始です!

2日目の行程は以下のとおり。

飯田線完乗の鉄旅
  • 行程1
    東海道本線で豊橋へ

    早朝の名古屋から東海道本線で、本日のメインディッシュである「飯田線の完乗」を目指して豊橋へ向かいます。

    この日は1月4日、まだまだ電車は空いているだろうとおもったけども、かなりの人が乗り込みました。

    名古屋から東海道本線の新快速で豊橋へ

    お正月が終わって、2019年が本格始動した感じ。

  • 行程2
    飯田線完乗の鉄旅① 豊橋から天竜峡

    豊橋からはいよいよ飯田線に乗っていきます!

    まずは一気に天竜峡まで。

    一見、211系電車に見えるけど213系電車に乗っていきます。

    飯田線213系

    一見して「お仲間!」と思える人もかなり乗車していきました!

  • 行程3
    飯田線完乗の鉄旅② 天竜峡から飯田

    天竜峡で乗り換え時間を利用して駅周辺を散策。天竜峡が駅前なのでチラホラと写真を撮る人も。

    実は乗り換えさられるけど、天竜峡からの列車は車両も乗務員さんも一緒。もちろん乗客もほとんど一緒。という状況でした。

    天竜峡にて「特急:伊那路」と

    なので、飯田で途中下車をすることに。

    朝から何も食べずに飯田まで来ているのでお腹も空いていたしね!

  • 行程4
    飯田線完乗の鉄旅③ 飯田から駒ヶ根そして辰野・岡谷へ

    飯田で昼食を済ませて、再び飯田線の車中の人に。

    駒ヶ根で乗り換えて一気に岡谷まで足を進めます。

    飯田線完乗の鉄旅で豊橋から駒ヶ根までお世話になった213系と別れを告げて、駒ヶ根から岡谷までは313系に乗車。

    駒ヶ根までの211系と駒ヶ根からの313系のツーショット

    だいぶ日の傾いた岡谷へ定刻どおりに到着!!

    これにて今回の鉄旅の目的である、中央本線と飯田線を完乗終了。あとは自宅へ戻るだけ。

  • 行程5
    中央本線で家路へ① 岡谷から大月

    岡谷から大月までは中央本線の顔として定着した211系にて。

    ここからは日が落ちて車窓もろくに楽しめないので写真はなし!

    写真の211系も使いまわし。

    211系電車のボックスシート車
    中央本線211系電車
  • 行程6
    中央本線で家路へ② 大月から自宅最寄りの高円寺へ

    大月からは自宅最寄りの高円寺までE233系の快速に乗りましたが、中野から快速運転なんで高円寺までは各駅に止まっていきます。

    ま、乗り換えなしなんで。

    中央線快速電車E233系

    と思っていたら、高尾の手前で急停車!

    なにか異常があったらしく、乗車中の列車は豊田で運転打ち切りとなり、豊田で再び乗り換えて、無事に高円寺に到着!!

    これにて『2019年鉄旅初め』が終了しました。

スポンサーリンク

旅費

今回の鉄旅にかかった費用をまとめてみましょう。

今回の鉄旅でかかった費用は

新宿~岡谷までは『スーパーあずさ』を利用したので青春18きっぷは使えず、岡谷からの鉄旅で青春18きっぷを利用していますので、若干、交通費はお高くなっています。

なお、飲食費とお土産代は除いています。

運賃や料金

乗車区間運賃・料金
新宿 → 岡谷:中央本線(特急「スーパーあずさ」グリーン車)
※新宿~岡谷の運賃と特急料金・グリーン料金の合算

9,140円

岡谷 → 辰野:中央本線

青春18きっぷ
2,370円

辰野 → 塩尻:中央本線
塩尻 → 岡谷 → 塩尻 → 中津川:中央本線(みどり湖経由)
中津川 → 名古屋:中央本線
名古屋 → 豊橋:東海道本線青春18きっぷ
2,370円
豊橋 → 中部天竜:飯田線
中部天竜 → 天竜峡:飯田線
天竜峡 → 飯田:飯田線
飯田 → 駒ヶ根 → 岡谷 → 大月 → 高円寺:飯田線・中央本線
運賃や料金の合計

13,880円

上の表のとおり合計で13,880円という結果に。

その他の費用

一泊二日の鉄旅だったので交通費以外にも宿泊費が。

宿泊・立ち寄り先料金
宿泊費:名古屋駅前のホテル6,000円
宿泊・立ち寄り先の合計6,000円

飲食費とお土産代は除くと今回の鉄旅ではお金のかかる立ち寄り先はなく、宿泊費のみということになりました。

今回の鉄旅の費用は

というわけで、今回の鉄旅の費用の合計は以下のとおりとなりました。

運賃や料金の合計13,880円
宿泊・立ち寄り先の料金の合計6,000円
【2019年鉄旅初め】青春18きっぷで中央本線&飯田線完乗の旅!の費用合計19,880円

総額で20,000円弱の鉄旅と相成りました。

スポンサーリンク

青春18きっぷ利用で8,000円もお得に鉄旅してました!

『【2019年鉄旅初め】青春18きっぷで中央本線&飯田線完乗の旅!』が「青春18きっぷ」を使ったことでどれだけお得になったのかを検証してみましょう。

まず、今回の鉄旅の行程のおさらいをしましょうか。青春18きっぷを使った区間で途中下車した駅は以下のとおり。

 青春18きっぷ利用区間途中下車駅
1日目岡谷 → 名古屋辰野
塩尻
岡谷 ※1
中津川
2日目名古屋 → 高円寺豊橋
中部天竜 ※2
天竜峡
飯田

※1 実際には下車していないけど普通運賃との比較をするために途中下車したことにした 
※2 長時間停車中に改札外へでたので途中下車したことにした

途中下車した駅は2日間で合計8駅。(みなし駅含む)

それでは比較していきましょう!

乗車区間今回の鉄旅の費用普通運賃
新宿 → 岡谷特急利用
9,140円
9,140円
岡谷 → 辰野青春18きっぷ
2,370円
200円
辰野 → 塩尻320円
塩尻 → 岡谷240円
岡谷 → 中津川1,940円
中津川 → 名古屋1,320円
名古屋 → 豊橋青春18きっぷ
2,370円
1,320円
豊橋 → 中部天竜1,140円
中部天竜 → 天竜峡970円
天竜峡 → 飯田240円
飯田 → 高円寺5,080円
宿泊費6,000円6,000円
合計19,880円27,910円
差額8,030円

全く同じように鉄旅した場合は『青春18きっぷを使ったことでなんと8,000円もお得!!』に鉄旅できちゃいました!!

おわりに

『【2019年鉄旅初め】青春18きっぷで中央本線&飯田線完乗の旅!』もお得に列車に乗って旅してきました。

今回は観光とかすることなくほとんどの時間を列車の中で過ごしましたが大満足!!

青春18きっぷを使ってのローカル線への鉄旅、のんびりゆっくり車窓を楽しみながらの鉄旅、みなさんもいかがですか?

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus
タイトルとURLをコピーしました