「エンジョイ鉄旅!」は、青春18きっぷやその他のお得なきっぷでの鉄旅を楽しむブログ
鉄旅に便利でお得なきっぷの王様「青春18きっぷ」

乗り鉄さんからそうでない人までに発売開始から35年以上の人気を誇る「青春18きっぷ」。

今さら聞けない「青春18きっぷ」の基本中の基本を徹底解説しています!

青春18きっぷの詳細はこちら!

東北新幹線「やまびこ」に乗って『杜の都仙台』へ駆け抜ける ~【2018春の乗り鉄旅】週末パスで行くリゾート列車&観光列車の旅《1》~

東北新幹線「やまびこ」 鉄旅&お出かけ記

今回の「【2018春の乗り鉄旅】週末パスで行くリゾート列車&観光列車の旅」は東北新幹線でスタートです。

南東北ぐるり一周弾丸乗り鉄旅の始まり始まり!!

スポンサーリンク

定期列車としては東京駅発の東北新幹線の一番列車で

さて、今回の旅の一番列車は「やまびこ41号:盛岡行き」です。この列車は東北新幹線の定期列車として東京駅からの一番列車になります。

ホームの発車案内表示

乗車列車の発車30分以上前には駅にいることにしているんですよ! なので時計を見ればわかるようにまだ5時台なんです。

東北新幹線の定期一番列車「やまびこ41号」が東京駅へ入線

いよいよ東北新幹線に乗車します。実は「自由席にするか?」「指定席にするか?」で悩んだんですが今回は指定席にしておきました。

指定席に乗車!

指定された席についてしばらくして東北新幹線「やまびこ41号」は静かに東京駅を離れます。

指定席にして大正解!自由席は激混みのようだったので

どこかで「土曜日・日曜日・休日の東北新幹線は混むよ!」という話を耳にしていたので、指定席を確保したんですが、これが大正解!!

指定席は仙台までに6割から7割り程度の乗車率になったんですが、自由席の方は駅に停車するたびに多くの人が乗り込んできているようでした。実際に自由席車両へ確認に行ったわけではないですが、上野・大宮・宇都宮と自由席車両への乗車口には多くの人が並んでいるのを確認しましたので。

上野発車後の指定席はこんな感じでした

幸いにも自分の隣にも仙台で列車をおりるまで人がこなかったので、一人で2席使えてラッキーでした。

スポンサーリンク

東京から仙台までの新幹線の車窓から

というわけで新幹線からの車窓をお楽しみくださいませ。と言ってもヘタな写真ばかりですが…。

東北新幹線に乗ってる気分になってもらえたら。

東京から大宮

東京を発車して大宮までは新幹線としても実力を発揮することなく進んでいきます。

3月も末なんで6時をすぎればすっかり明るくなった都内を走っていきます。

田端(?)のあたりの住宅街

赤羽のトンネルを抜けしばらくすると荒川を越えます。ここから埼玉県に突入。

荒川を渡り列車は埼玉県へ

埼玉県に入ると高層マンションの数がグッと増えてきます。そんな中、列車は埼京線と競争するように走っていきます。

列車は埼玉県に突入 高層マンションが目立ってきます

東京駅から25分ほどで列車は大宮へ滑り込みました。

大宮から仙台

大宮からは新幹線としての実力を発揮して飛ばしていきます。

上越新幹線との分岐点をすぎると少しづつですか田畑が広がっていくような気がしますね。

田畑が広がってきました

野を越え川を越え

郡山到着直前に磐梯山(?)が見えてきます。山頂付近はまだまだ雪があって白くなっていますね。

郡山付近で車内から見えた磐梯山?

新幹線の速さがわかる写真が撮れていたので、ご紹介しときます!

あまりの速さに電柱が斜めに写ってます!

電柱が斜めに写っちゃうほどの速さなんですよね

新幹線の車内からの写真は全てスマホで撮ったものです。

定刻に仙台へ到着!

せんだい~、せんだい~、仙台に到着

「やまびこ41号」は定刻に仙台へ到着。

東京から2時間弱で到着、しかも起床してから4時間で仙台の地に足をつけていようとは。

さて「【2018春の乗り鉄旅】週末パスで行くリゾート列車&観光列車の旅」の2番列車まで1時間ほど時間があるので仙台駅周辺をうろつくことにしましょう。

【2018春の乗り鉄旅】週末パスで行くリゾート列車&観光列車の旅のエントリー一覧

今回の旅のエントリー一覧です。